パン屋激戦区の中でもイチオシの「ジュウニブン ベーカリー三軒茶屋本店」

三軒茶屋といえば、パン屋の激戦区とも言われるくらい美味しいパン屋さんがたくさんあります。

そこで今回は、私が初めて訪れた時から虜になってしまった「ジュウニブン ベーカリー三軒茶屋本店」の魅力を伝えていきたいと思います。

食卓が楽しく、そして気持ちよくあるように

「ジュウニブン ベーカリー三軒茶屋本店」は三軒茶屋駅から徒歩約4分。二子玉川から三軒茶屋へとつながる国道246号に面しており、外観からもおしゃれな空間が漂ってきます。
さっそく、お店に入ってみましょう。

店内は花屋が併設する、おしゃれな空間になっています。

ジュウニブン ベーカリーのコンセプトは「GOOD DINING, GOOD FEELING」です。
これには、食卓が楽しく、そして気持ちよくあるようにという意味が込められています。
そのためジュウニブン ベーカリーでは、パンだけでなく、副素材も全て1から手作りしています。

また、パンには国産の小麦を使用しており、Webサイトではその理由を以下のように記載しています。

  • 国産の小麦は味と香りが良い。
  • 収穫後に農薬使用の心配がなく、安心安全である。
  • 国産なら誰が作ったかが分かるため、安心して食べられる。

このことからも、味や風味、安全性にこだわっているのが分かります。保存料や合成着色料も使わずに素材を生かしたレシピで、丁寧に作られているんですね。

身体に入るものだから、安心して食べられるものを選びたいですよね。ジュウニブンベーカリーは美味しいだけではなく、食べる人の食卓が楽しく、気持ちよくあることも届けてくれます。

種類豊富なパンが、どれも美味しい

ショーケースの中には、豊富な種類のパンが並んでいます。

中でも一番人気なのが「風船パン」。

食べてみると、もっちりした食感とバターの香りがします。
しっとりとした生地がとても美味しいです。
ラッピングがとても可愛いので、手みやげにしてもいいですね。

次に紹介するのは「あんバターフランス」と「ジュウニブンメロンパン」です。
あんとバターのベストマッチはもちろん、パンの硬さもちょうどよくて、あっという間に食べ切ってしまいました。

ジュウニブン メロンパンを初めて食べた時、思わず「うま!」と声をあげてしまいました。
メロンパンというと、外がサクサクで中がふわふわなイメージがありますが、このメロンパンを食べると、外がカリカリで中がもちもちの新食感を体験できます。
メロンパンが大好きで子どもの頃からたくさん食べてきましたが、個人的に一番美味しいメロンパンです。

そのほかにも、サクサク食感の「ショコラフランス」、モッチモチの「くるみパン」など、どのパンもとても美味しかったです。

手作りケーキも絶品

パンのとなりには美味しそうなケーキがずらりと並んでいます。
ここでは、「和栗の塩モンブラン」と「フルーツタルト」をご紹介します。

モンブランは濃厚な栗の味がして、一口食べた瞬間から幸せな気分でした。
クリームの中にはなんと、和栗が丸ごと入っています。
いろいろな栗の味が楽しめてとても美味しかったです。

鮮やかな彩りのフルーツタルトも最高です。
ジュウニブン ベーカリーのケーキには、契約農家の果物が使われているため、新鮮で品質のよい果物で作っています。
自家製のカスタードクリームもとても美味しいので、ぜひ食べてみてください。

そのほかにもたくさんのケーキが並んでいます。
誕生日用のケーキもあるので、記念日に花と一緒に買うのもおすすめです。

スタッフさんの雰囲気も良い

私がジュウニブン ベーカリーを紹介した理由は、パンやケーキが美味しいだけではありません。
スタッフさんがとても丁寧で、明るく親切な対応をしてくださり、ぜひお伝えしたいと思いました。帰り際も笑顔で見送ってくださり、また行きたいという気持ちになります。

今回は「ジュウニブン ベーカリー三軒茶屋本店」を紹介しました。
三軒茶屋を訪れた際には、ぜひジュウニブン ベーカリーのパンを食べてみてください。

ジュウニブン ベーカリー三軒茶屋本店
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-30-9 三軒茶屋ターミナルビル1階
アクセス:東急田園都市線「三軒茶屋駅」より徒歩約4分
電話番号:03-6450-9660
営業時間:9:00~19:00
定休日:不定休

※記載情報は取材当時のものです。変更している場合もありますので、ご利用前に公式サイト等でご確認ください。
ABOUT US
ソウメイ
ソウメイ
世田谷区在住の散歩好きな大学生。暇なときには世田谷区をふらふらしてます。世田谷区の魅力をたくさん発信していきます。